上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さてこんばんわ^^
りみおんですよー(紅茶先生に指摘をもらいノートに下書きなんかして書いてみたw

「日記更新されているわ@@!」、「めずらしい!」と思ったかたがいるかどうかさえ
定かではありませんが

今回はドイツ&ポーランド旅行の第二編をお送りします

今回はずばり!

おなか減っている人閲覧禁止!!外国にもうまいものはあるんだぜ!?SP
いえぇーいどんどんどんぱふぱふ

ということで、前回もすこしご飯について触れましたが、
今回は本気ですb

まずはー
前回のドイツでビールを飲んだお店での最初のごはん

「やべぇ、外国楽しいw」と思ったのもこれを食べてからでした
シュパーゲル(ホワイトアスパラ)
シュパーゲルといってドイツ語でホワイトアスパラです

上のソースは甘みと酸味がきいたもので飽きにくいですねw
とても感動した一品でした^^

次は四日目くらいかなぁ
ある方と一緒にドイツの中央駅付近を散策しているときに食べたお昼ご飯です

BURGER KING

知っている方もいると思いますが
BURGER KING
のハンバーガーですw

ちょっと名前は忘れてしまいましたが、結構辛くて塩っ気が強い大味なものでした
でも結構大きくてうまいですよw


どんどんいきますお!
こんどはポーランドに移っていきたいと思います(ショパンもポーランドですお

あまりポーランドのイメージって無いと思うんですが、ドイツのソーセージも原料がポーランドなんてよくある話ですw テーブルミートなんかはドイツより断然うまいですね それを体感したのがこちら↓

ポーランドのおもてなしw
ポーランドのおもてなし料理で、串焼きやら、アイスバイン(豚スネ肉を煮たの)、スペアリブにソーセージなどなど
とても多種多様な肉料理がのったプレートですw(値段はあとでみたのですが、あれで4000円いかないくらいでした。しかしうまかた)

このほかにも写真は載せませんが、ポーランドではスープが有名らしく、とても多くの種類のスープを飲みました
大きなスーパーみたいなとこにいくと、高さ3m、幅15mくらいの棚がすべてスープの素みたいなのもみました(これは写真撮ればよかったと後悔orz)

あと、ポーランドでお茶をしたときに、一緒に旅行していた方の奥さんが頼まれていた
ポーランドのぎょうざみたいの
ギョーザ?みたいなやつです

皮に甘さ控えめのジャムを入れてゆでて、最後にシロップをかけるそうな
この写真のものは冷凍ものだったらしく、奥様はポーランドの方なので「もっとおいしく作れるわ」といっていましたが、真相はいかに・・・・

次にユダヤ料理店で食べたものを
ポーランドの旧首都クラコフにて食べたものです。近くにマリ・キュリー夫人の元アパートがありました
牛とキノコの煮込み
牛肉とキノコを煮てあります。添えられているのは芋のニョッキです

若干くどいような気もしますが、結構あっさりしていてパンといっしょにペロリでしたw

最後はおまけ的なー

チョコレートフォンデュ

どこだったかな、たしかポーランドでイタリア料理を食べたときのはず
おいしかったのですが、これ1500円くらいしましたw(気にしたら負けかなぁ せっかくの旅行だしw

あともっとおまけみたいな
型入れチーズ

ポーランドのリゾート地でザコパネというところがあるんですが、そこで泊まっているときに近くの市場に遊びにいったときによく売っていました
前回書いたように、あまり魚を食べないので、Ca摂取元がチーズです
ポーランドではそのチーズをやわらかいうちに型にいれてさまざまな形にするそうです
見た目もたのしくてよかったw

さぁいかがでしたでしょうか?
もっといろいろあったのですが、思い出せないものや、写真がないものなどもあるので今回はこのへんでw
おなかが減った方はぜひバーガーキングにw(違うか

では以下おまけのおまけw
どうもお久しぶりです^^

先日紅茶さんもとい、紅茶先生
ブログの書き方を教えていただいたので、書いてみようかとおもいます

あと紅茶先生は忍耐が得意→ドラッグ(っていうのは冗談で本人も苦手とおっしゃっておりました。)

そんなこんなで、以前書いていたドイツ&ポーランドの話を5回に分けて綴りたいと思います

さぁみなさん、紅茶先生流ピラミッド書法をご覧ください!(本家にはかないませんのであしからずw)



まず今回のお題は「日本とは違うところ」です。

そもそも場所がちげー、なにいってんだこいつ? と思った方はいらっしゃらないと思いますが

車が右側通行左ハンドルだったり、ご飯のときには箸なんかじゃなくナイフ・フォーク・スプーン!と

食器の三連星がでてくる、時差が7時間あるのはあたりまえですが、実際にいってみて感じたことを書きたいと思います


まずは、個人的にはうれしかった飲酒可能年齢です

日本では「お酒は18歳になってから」なんて、CMの下のほうにもでますが、

ドイツでは15歳だったみたいです(でも、年齢確認なんかがなかったから僕みたいに老けていればおkかもw)

えぇ、結構飲みましたw でもドイツで飲んだので合法です つかまえられませんbbbbb

ビールうまああああ
これが着いてすぐにごはんを食べたときに飲んだドイツビールのピルスナーです

ホップが結構きいていて苦めですが、あとからコクがきます

あと、お気づきの方もいると思いますがが、コップに内容量を示す線が引いてあります
これは大体のコップ(グラスにはなかったです)についていて、自分がなにを何リットル飲んで、何kcalくらいなのかわかるようになっています。ちなみに紙・プラスチックコップにもついてまw

あと違うところといえば食文化が違います。

チーズコーナー

EU諸国ではあまり魚を食べないので、Caを摂取するために乳製品を食べます

その代表的な食べ物として、チーズがあげられます・3・v

写真に写っている全部チーズ。聞いたこともないやつから、モッツァレラ・ゴーダなんかの知っているものまで
かなりの種類があり、とても安いです!!

リミのこぶし大(直径10cm)くらいで3ユーロしなかったはず・・・(記憶あいまい)日本だと500円は越えてきますね

でもやすくてもおいしいです^^b
たまに香料なんかがはいっているものもありましたが、日本にないテイストだったのでチーズをおやつ代わりにして食べていましたw(でもcalが高いのでリミのような食べ方はお勧めしません)

あと、ドイツの中央駅の前で開いていたホコテンみたいなとこの出店でかったものをみると。。

食べ物大きいw

でかい!でかすぎるわ!ってか肉とパンだけとかお前らちょっと頭ry

となってしまいました。。。しかも値段は2ユーロだったかな。やっすぅ・・・

そして味は、うまいという なんとも悲しい現実でした

あと違うところを連ねてみると
・電車にのるときに改札がない(でも駅員さんがたまに切符を確認しにくるので持っていないとOUTです)
・土日はほとんど店が開いていない(まじです。ご飯を食べるのも一苦労でした^^;)
・男女ともに身長が高い(男性だとリミの身長180cmくらいが平均、女性でも僕より高い人いっぱい@@)
・女性がキレイ(あえてなにもいいません)
・お風呂がシャワーonly(浴槽はほぼなしw)
・タクシーには絶対誰かが助手席に乗るのが礼儀(乗らないと怪しまれます。気をつけましょう)
・スーパーなんかで野菜は包装されていません。木の箱かコンテナみたいのにドーンって感じ
・みんな母国大好き(何回か「母国は好きですか?」と聞くと、「当たり前じゃないか、国のためにはたらいてい るんだよ」という方が多くいらっしゃり、日本にはあまりないなぁーと感じました。愛国心大事ね。)
・馬車がいまでも街中を走ってる(乗れます。楽しかったです。あと馬車用の高さが若干違う信号機もありまし  た。)
・タクシーがドイツだとほぼベンツ車
・トイレが有料(トイレ掃除の方々の給料などになるそうで、一回に20セントユーロも払えばおkです。お金をはらっているせいか、どのトイレもとてもキレイで、日本の男性のように手を洗わないなんて人もいませんでした。)
といったところでしょうか
長々と申し訳ありませんが、まだまだあったはずです

質問なども受付ておりますので、コメントいただけたらうれしいです^^

では次回お楽しみに~





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。